キャッシングの利息

キャッシングというのは、10万円借りた場合に返すのは10万円でいいということではありません。
返す場合には、利息を手数料として支払う必要があります。
では、どのようにキャッシングの利息を計算するのでしょうか?借りた金額が元金で、手数料で元金に応じて発生するものが利息です。
利息の計算に使用するのが金利です。
さらに、利息は借りる日数が増えると増えます。

ここでは、年18%で30日間20万円を借りる場合、利息を計算する方法についてご紹介しましょう。
利息の計算は、元金に金利を掛けたものを365日で割って、さらに借りた日数を掛けます。
具体的には、20万円に18%を掛けて365日で割って、さらに30日を掛けると2,959円になります。
つまり、利息はこの場合は2,959円になります。
20万円借りて一括で30日後に返した場合には、元金の20万円と利息の2,959円を支払う必要があります。

次に、返済期間と借入額の関係についてご紹介しましょう。
金利17.8%で10万円を借り入れして、36ヶ月の返済期間の場合、3,605円が毎月の返済額になります。
トータルの支払額は129,765円で、この内29,765円が利息分になります。
一方、金利17.8%で10万円を借り入れして、12ヶ月の返済期間の場合、9,158円が毎月の返済額になります。
トータルの支払額は109,894円で、この内9,894円が利息分になります。
このように、返済期間が長くなってくるほど利息分は大きくなってきます。
そのため、キャッシングする場合には返済期間に注意しましょう。
本サイトでは、利息と金利の違い、返済期間が長い場合、利息の簡単な計算方法、についてご紹介します。


Copyright © 2014 キャッシングの利息 All Rights Reserved.